土木系講習会

民間等で開発された新しい建設技術やリサイクル、環境、IT関連の建設技術等を、公共工事に携わる実務担当者をはじめ建設技術等に関心がある方々に広く提供することを目的に 民間主催による建設技術等講習会を実施しています。
講習会の開催を希望される方は、下記ボタンより必要資料をダウンロードして申込んで下さい。


資料ダウンロード

お問合わせ先

(公財) 福岡県建設技術情報センター 試験研究課 調査研修係

電話:092-947-2643 ファックス:092-947-2504 メール: kensyu@fcti.jp

2016年度講習概要

講習会
No. 講習会名 講習会内容 対象者 定員
(人/回)
日数
(日)
日程 受付
状況
締切日
1 地盤改良セミナー 
「セメント系固化材による地盤改良の耐震効果」
本セミナーでは、セメント系固化材の種類や固化原理等の概要、地盤調査と配合試験、および改良体の特性についてご紹介いたします。第1部では、『1. 土を固めるセメント系固化材』、第2部では、『セメント系固化材による地盤改良の耐震効果』について、ご説明いたします。 公共工事に携わる実務担当者や建設技術等に関心がある方 150人 1 1/17
〜1/17
受付中
案内・FAX受付
1/10
2 斜面災害対策における軽量型ボーリングマシンの活用 本講習会では「平成28年熊本地震とその後の最新情報」特別講演のほか、法面や斜面における各種対策工法の概要とそれらの適用基準について技術講習会を行います。 公共工事に携わる実務担当者や建設技術等に関心がある方 100人 1 11/15
〜11/15
終了 11/10
3 技術講習会 本講習会では「多発する土砂災害に備えて」特別講演のほか、福岡県のり面協会各社より専門技術・工法などを分かりやすくご紹介いたします。 公共工事に携わる実務担当者や建設技術等に関心がある方 120人 1 10/7
〜10/7
終了 9/30
4 道路橋の長寿命化対策に関わる技術講習会 近年、高度成長期に造られた様々なインフラが老朽化を迎えようとしています。橋梁に関しては全国で「橋梁長寿命化修繕計画」が策定され、従来の事後保全から予防保全型の対応へ維持管理の体制づくりが進められているところです。このような時代背景を受け、土木系技術職員(官公庁・建設コンサルタント)の方を対象とした講習会を開催致します。 公共工事に携わる実務担当者や建設技術等に関心がある方 210人 1 8/26
〜8/26
終了 8/25
5 補強土植生のり枠工「GTフレーム工法」技術講習会(福岡地区) 建設技術審査証明(一般財団法人土木研究センター)を取得し、国土交通省NETIS「準推奨技術」に選定されている「GTフレーム工法」について、設計法の解説、施工事例の紹介等、技術講習を行います。
また、熊本大学 北園芳人名誉教授による特別講演を行います。
公共工事に携わる実務担当者や建設技術等に関心がある方 100人 1 6/24
〜6/24
終了 6/17
6 『道路維持管理者の為のICTを活用道路点検、調査・報告業務の支援サービスご紹介』 日本の社会インフラは、今後急速に老朽化が進行し、予防保全的な管理への取り組みが求められるようになってきました。そこで、普段の業務の中で道路全体を可視化し、劣化箇所を抽出する、低コストで、簡易なICT(スマートフォン)を活用した維持管理サービスをご紹介致します。 公共工事に携わる実務担当者や建設技術等に関心がある方 40人 1 5/24
〜5/24
終了 5/17

お申し込みは先着順で定員になり次第締め切ります。
講習会日程等につきましては、変更される場合があります。