福岡県建設技術情報センター

共同利用システム(通称:FICSUS(フィクサス))による支援業務
(Fukuoka Information Center Shared Use System)

1) フィクサスとは

当センターでは、県・市町村等から受託して行う支援業務のみでなく、市町村において直接実施される業務をサポートするシステムの提供も行っています。

その中でも、共同利用システム(Fukuoka Information Center Shared Use System/通称:FICSUS/フィクサス)は、ネットワークを介して、当センターに設置したシステムを共同で利用し、積算と発注関連業務のみならず、将来の工事に必要な電子文書の保管・利活用を行うものです。

FICSUSの導入により、調査・設計、積算から維持管理の各段階の業務が効率的になるとともに、より精度の高い社会基盤の整備が期待できます。


センター積算システム

センター積算システムを体感したい自治体様には、システムの入ったパソコンをお貸ししております。
希望される自治体様は、ページ最下部の「お問合わせ先」までご連絡ください。

数量総括支援

数量総括支援ページは、コンサルタントの方向けのページです。利用登録を行うことにより、システムを使用する際に必要なユーザー名(ユーザーID)・パスワード情報を送付いたします。

ご利用までの流れ

2)業務のイメージ

業務のイメージの図解
センター総量総括システム センター積算システム 電子文書保管システム

3)共同利用システムの構成(FMC-SaaSの場合)

共同利用システムの構成

3)共同利用システムの構成(NTT・フレッツVPNワイドの場合)

共同利用システムの構成

4)共同利用システム導入の効果

円滑な業務の実現

  • 使い慣れたソフト(Excel等)と同様の操作性があります。
  • 歩掛・単価の検索機能や基準書等の表示機能があります。
  • 設計書チェック機能により積算の精度が向上します。

コストの低減

  • サーバ機器の調達・保守にかかる費用が軽減されます。
  • 基準書改定に伴うシステム改修を無償で行います。

「品確法」への対応

  • 入札に必要な仕様書等の見積条件の明示が容易にできます。
  • 新土木積算大系に対応しています。
  • 問い合わせによる積算サポートを行います。

危機管理

  • 庁舎外にデータが保管されていることで、災害によるデータの損失を防ぎます。
  • 個別のパソコンにデータを保存しないため、情報の漏洩防止になります。

お問合わせ先

共同利用システムによる支援業務に関する疑問・質問等ございましたら、下記連絡先までご連絡お願いします。

公益財団法人 福岡県建設技術情報センター
土木支援課 公益推進係
  • 電話:092-947-2610
  • ファックス:092-947-2504
  • メール:shien@fcti.jp